よくある質問

仙台市の肛門科の値段と受診のメリットについて

乳がん治療の一番町きじまクリニックHOME > コラム > 仙台市の肛門科の値段と受診のメリットについて

仙台市の肛門科の値段と受診のメリットについて

仙台市の肛門科で診察して治療を受けるときにかかる値段についてですが、これは仙台市に限らず全国一律となっていることを留意します。基本的には肛門科が取り扱う病気の治療を行う場合は、保険の適用範囲内となっています。ですので保険証を持っている人であれば3割負担で済みます。中には自費治療を行っている病院も存在しますがそうした病院はごく一部となっています。



 肛門に関する病気治療の代金の内訳としてはまず初診費用としては2000円ほどの値段となっています。再診の場合の費用は1000円以下の金額で済みます。あとはそれぞれの肛門に関連する病気の治療費用となり、これは症状の重さや病名によっても変わってきます。たとえば、肛門周囲膿瘍という病気にかかって治療行為として切って膿を出した場合の費用は約9000円かかります。さらに、日帰りで痔核の手術を行ったときの費用としては30000円ほどが金額の目安となります。



 他に肛門科においても胃カメラや大腸カメラなどで身体の内部を検査していくこともあります。胃カメラの費用は約7000円となっており、大腸カメラの場合では9000円ほどの金額がかかることになります。



 ただし、上記で挙げたそれぞれの費用としてはあくまで大まかな目安となっていることを留意します。投与する薬の違いや大腸内視鏡検査などの組織検査の有無があるかどうかの部分などで値段が若干変わってくることもあります。



 仙台の肛門科の場合は、どの病院もしっかりとした医師や看護師などの管理体制と整備された医療環境の元で治療を行うことができますので、安心して治療を受けられることが多いです。



 肛門の病気には恥ずかしさや情けなさなどからつい肛門科の受診を敬遠しがちな傾向にありますが、放置しておいても治ることはありませんし、病気によってはさらに病状がひどくなって人工肛門をつける必要を生じたりさらにはガンなどの重大な病気までも引き起こしてしまう可能性もあります。そうした事態になってしまうことを防ぐためにも、早い段階の治療は必要不可欠となっています。

 

 また、仙台市にも病気による治療だけではなく便秘外来なども行っているクリニックもあります。こちらはつらい便秘による不調を治すために漢方薬による治療や食事療法による治療を行うことで治してくれます。ですので女性でも気軽に訪れて治療を行うことができる点で大きなメリットといえます。仙台地域に限らず、肛門部や腸内環境の気になる兆候及び症状が市販薬で治らない場合には肛門科の受診がおすすめです。

▼よく見られている記事


>> 甲状腺が肥大した時の治療法とは
>> 乳がんの発見 あざから見つかることも
>> 甲状腺とめまいについて
>> 乳がんは完治するのか?
>> 仙台で甲状腺治療の病院の選び方
>> 甲状腺の異常を調べる検査の費用

次の記事へ

ご予約・お問い合わせはこちら

乳がん検診、抗がん治療のことなら一番町きじまクリニックへ。
お体で気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

  • 022-222-1071
  • ネット予約はこちらから
※当院は予約制をとらせていただいております。診察順につきましては、予約の方を優先しております。

TOP