よくある質問

仙台の肛門科で診察を受ける時期

乳がん治療の一番町きじまクリニックHOME > コラム > 仙台の肛門科で診察を受ける時期

仙台の肛門科で診察を受ける時期

肛門に違和感があるときには、専門医を早めに受診し原因を突き止めて治療を行っていくべきで、イボ痔や切れ痔なども早期の方が治りやすいですが、悪化して炎症が酷くなっていると大手術が必要になってしまう場合もありますから、排便時に痛みや違和感を伴うようなら肛門科に行くべきです。大腸の不具合から肛門に症状があらわれていることがあるため、合わせて受診したいときには仙台にもある大腸肛門科があるクリニックを選ぶべきです。



腸内細菌が偏ってしまっていると、免疫力の低下につながり様々な病気になりやすく、がん細胞にも対抗することができずに増殖してしまう懸念があります。また便秘も起こりやすくなり、切れ痔や大腸がん発生の要因になることがありますから、お腹の調子が悪く排便が無い日が3日以上続いたり、下痢がおさまらず1週間近く続くなど明らかな不調の症状がみられる時には早い時期に受診するべきです。



仙台の肛門科で直腸や肛門を診察するときには、まず問診を行いどんな不調を感じているかや食生活、生活習慣などを聞き、病状などの推察を行ってから指で直腸を診察したり肛門鏡を用いて調べます。大腸に疾患がある可能性が認められたら、大腸内視鏡検査を行うときがあります。食事をしないで行けば当日すぐに検査を受けることができる場合もあるため、備えていくと良いです。検査自体は10分程度で済みますが、検査前に大腸内に残っているものがあれば出す必要があるため、検査前に時間が取られる場合もあります。



仙台の肛門科では内視鏡検査で小さなポリープを発見した時には、その場で切除してしまうことがあります。ある程度の大きさがあったり、出血の可能性が高いときなどには検査とは別に内視鏡でポリープを取り除く手術を実施するクリニックもあります。内視鏡による手術だと日帰りができたり、入院しても1日だけなど負担が少ないのが魅力です。



痔の治療中は患部を傷つけたり不衛生な状態にしないことが重要で、トイレをした後の対応や入浴について、普段座っているときなど注意しなければならない場面がたくさんありますから、医師からきちんと指導を受けて悪化させない生活を送る必要があります。完治しても、生活習慣や食事の内容を改善したりしなければまた痔になることがありますから、生活を改めて予防する工夫をするべきです。



大腸トラブルは40歳を過ぎたころから増えてくるため、健康的であっても40歳を過ぎた時期に検査を受けておいた方が良いです。

▼よく見られている記事


>> 甲状腺が肥大した時の治療法とは
>> 乳がんの発見 あざから見つかることも
>> 甲状腺とめまいについて
>> 乳がんは完治するのか?
>> 仙台で甲状腺治療の病院の選び方
>> 甲状腺の異常を調べる検査の費用

次の記事へ

ご予約・お問い合わせはこちら

乳がん検診、抗がん治療のことなら一番町きじまクリニックへ。
お体で気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

  • 022-222-1071
  • ネット予約はこちらから
※当院は予約制をとらせていただいております。診察順につきましては、予約の方を優先しております。

TOP