よくある質問

仙台で行う予約で混雑回避の内視鏡検査

乳がん治療の一番町きじまクリニックHOME > コラム > 仙台で行う予約で混雑回避の内視鏡検査

仙台で行う予約で混雑回避の内視鏡検査

内視鏡検査は、先端に小型カメラが入った細い管を口や鼻から挿入して食堂や胃の状態を観察するものであり、胃カメラ検査とも言われることがあります。日本における胃がんの原因の9割以上がピロリ菌によるものと言われており、内視鏡検査によってピロリ菌の除去を行うことによって胃がんのリスクが1/3にも激減させることができます。



病気になる前の検査はとても重要なものではありますが、初めての人では検査を行うに当たって痛みや吐き気などが不安な人も多いものです。内視鏡検査はまったく苦痛がないという検査ではなく、より楽に検査を進められるような医療機器の改良や医師による技術の向上につとめられています。



たとえば、胃の検査をするのであれば管を鼻からと口からのどちらから入れても構わないのですが、鼻からであれば気持ち悪さが軽減したという人もいます。また、鼻が痛くならないように麻酔処置が行われています。スプレータイプなので注射を打つ痛みもなく、またマイカーを運転してきたという人にも検査後にまた運転をして帰っても安全なものが使用されています。



内視鏡検査は、さまざまな検査機関やクリニックなどでも取り扱われている項目です。しかし、どの病院も同じというわけではありません。医師による腕も左右するものであり、信頼のできる病院選びは重要です。宮城県仙台市内にも仙台駅周辺を中心として内視鏡検査を行っている施設はたくさんありますが、衛生面にも注目したいものです。体の中を通る医療機器は、洗剤で洗うということはあまり体にはよくありません。オゾン殺菌処置で行われていれば安心です。



検査を受けるためには、事前に予約が必要になります。まずは検査のための準備として、検査とは別の日に来院します。問診や視触診にて腹部の状態が確認され、採血も行われます。検査日の前日は軽めの食事をとり、21時以降には飲食をしないようにします。ただし、水であれば飲んでも構いません。当日も同様に水以外の飲食は禁止であり、喫煙も控えなければなりません。着替えのしやすい服装で検査に向かいます。



内視鏡検査は、一度行えばいいというものではありません。一年に一度の健診が推奨されており、健康であっても定期的に検査を受けることが大切です。検査には多くの人が訪問することから混雑が予想されることもあります。一年後の予約は早めにとっておくといいでしょう。仙台にもたくさんの医療機関で受けることができるので、自分のために、また家族のためにも受けてみてはいかがでしょうか。

▼よく見られている記事


>> 甲状腺が肥大した時の治療法とは
>> 乳がんの発見 あざから見つかることも
>> 甲状腺とめまいについて
>> 乳がんは完治するのか?
>> 仙台で甲状腺治療の病院の選び方
>> 甲状腺の異常を調べる検査の費用

次の記事へ

ご予約・お問い合わせはこちら

乳がん検診、抗がん治療のことなら一番町きじまクリニックへ。
お体で気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

  • 022-222-1071
  • ネット予約はこちらから
※当院は予約制をとらせていただいております。診察順につきましては、予約の方を優先しております。

TOP