よくある質問

仙台で痔の治療をしよう

乳がん治療の一番町きじまクリニックHOME > コラム > 仙台で痔の治療をしよう

仙台で痔の治療をしよう

痔の仕組み



生活習慣の多様化が進み、いろいろな生活習慣病があります。その中には、人には知られたくない病気というものもあります。たとえば人に言いにくい病気といえば痔ですが、どのように痔になってしまうのかという仕組みを知っている人は、あまりいないでしょう。

肛門の構造として、肛門には2つの異なる神経が通っています。外側の部分は皮膚と同じ神経が通っており、奥側は直腸と同じ神経となります。肛門は胎児の状態の時にはまだできておらず単なるくぼみの状態で、その後の成長に従ってくぼみが大きくなり、腸とつながって初めて肛門となります。

このようにしてできた肛門は非常にデリケートな部分で、刺激が強く加わると炎症を起こしてしまい、異常をきたすようになってきます。

たとえば切れ痔やイボ痔は、肛門の炎症が原因によってできてしまいます。肛門は大切な老廃物の排出を行う場所であり非常に重要な部分ですが、無理な力みが肛門に異常をきたすことで痔を発症してしまう、デリケートな部分です。

お腹がつまりがちで、便秘に悩んでいるという方は特に、排便のときにいつも力んで排便しているということもあります。力んで排便をする癖がつくと切れ痔やイボ痔の原因にもなり、多少の痛みを感じる軽度の痔になっていきます。

問題は、排便時に感じていた“小さな痛み”が、座るだけでも痛みを感じる“大きな傷み”に変わったときです。軽度の症状であれば市販の薬で改善することもありますが、座るだけでも痛い状況だと病院で診察をしなければ治りにくい状態にもなってしまいます。

よくドラッグストアで見かける薬は、塗り薬が多いですね。その他にも、座薬や飲み薬など、肛門内の炎症を抑える効果のものもあります。ただ、痔を治すためには自己判断で市販の薬を使用するよりも、病院で診療してもらい適切な処置を行ってもらったほうが、きちんと完治することが多いです。



痔の治療法



痔の治療となると、どうしても人に見られたくないという方もいますよね。病院に行くと、看護師や医師に自分の肛門を向けて診てもらわなければいけないので、抵抗感を持つ人も少なくありません。特に女性の場合は、医師が男性であると恥ずかしくて見せられないという人もいますが、我慢をしすぎて薬による治療ができなくなり、手術をしなければいけないくらい症状が悪化するケースも多いのです。

実際、治療をする前に、医師に診察をしてもらうことになりますが、医師や看護師からすると、毎日見るものなので特別なことではありません。患者が思うほど恥ずかしいものではなく、毎日の仕事の中での作業の一つとして見ていますので、恥ずかしがらずに病院に行ってしっかりと治療することが大切です。病院に行くとまずは医師による問診があり、排便の状況確認や入浴の習慣について聞かれてから、最終的には現在の症状も聞かれます。的確に答えないと後の治療法にも影響してきますので、恥ずかしがらずに正直に症状を話すことをおすすめします。問診が終わると直腸診があり、直接指で中を検査してもらうことになります。あるいは、肛門鏡による診断もあり、その際は現在の痛みの状況を正確に検診できます。ここまでで、だいたいの症状が分かってきますので、その後の治療法をどうするかが明らかになります。治療法が明らかになった後は、医師から“どのような薬を処方するか”や、“生活習慣はどのように改善していくべきか”を細かく指導してくれる医師も多いです。

薬だけで痔が治ればいいのですが、痔を患っている多くの人が生活習慣を変えないと完治するまでにはいたらないと考えられています。こうした傾向から、医師も生活習慣の改善にも注意深く指導するような医師が増えてきているのです。



仙台での痔の病院事情



痔の病気に関しては大人・子供関係なく必要になってきますので、痛みを感じたりした場合はすぐに病院に行ってから検診をしてもらいましょう。痛みを我慢しすぎて症状が悪化してしまってからでは、手遅れになる可能性があります。なるべく早めに病院の診察を受けるようにしましょう。痔は場所に関係なく患者は多く、都会だろうが地方であろうが、その相対的な数は変わりません。では、仙台の病院事情はどうなのでしょうか。

仙台には痔の治療を行ってくれる病院は相当数あり、仙台市でも30カ所以上の病院があります。そんな仙台では治療法が進んでいて、症状が悪化した場合でも手術で切るのではなく、「ジオン注射」などで治療を行なう病院も増えてきているので、薬でごまかしながら対処するよりも、早めに病院へ行って治療をしてもらったほうが早く治りやすいです。薬と注射での治療が多く、“手術で切る”ということに抵抗のある方も、安心して診療してもらえます。

昔の治療方といえば、症状が悪化してしまうとすぐに手術をした切除というのが一般的でしたが、最近は治療法も多種多様になってきています。特に、患者の負担にならないように変わってきているので、仙台の医院も薬や注射による治療法が主流となってきています。最先端の治療法が仙台でも可能になってきており、痔になってもすぐに診療してくれる病院が多いです。

「おしりが痛くて、何事にも集中できない」という方は、迷わずに病院で診てもらうことをおすすめします。

▼よく見られている記事


>> 甲状腺が肥大した時の治療法とは
>> 乳がんの発見 あざから見つかることも
>> 甲状腺とめまいについて
>> 乳がんは完治するのか?
>> 仙台で甲状腺治療の病院の選び方
>> 甲状腺の異常を調べる検査の費用

次の記事へ

ご予約・お問い合わせはこちら

乳がん検診、抗がん治療のことなら一番町きじまクリニックへ。
お体で気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

  • 022-222-1071
  • ネット予約はこちらから
※当院は予約制をとらせていただいております。診察順につきましては、予約の方を優先しております。

TOP