よくある質問

仙台で内視鏡検査を受けるときのポイント

乳がん治療の一番町きじまクリニックHOME > コラム > 仙台で内視鏡検査を受けるときのポイント

仙台で内視鏡検査を受けるときのポイント

仙台で初めて内視鏡検査を受ける方にとって、どのような検査をするのか不安に思う方も少なくないかもしれません。

内視鏡検査とは、先端に小型のカメラを内蔵した太さ1センチほどの、細長い管を口や、肛門から挿入し、食道や胃、十二指腸や大腸の内部を観察し、治療を行うものです。医療機器や技術の進歩で、以前に比べ管も細くなり、負担も少なくなってきました。従来から使用されているファイバースコープと、近年開発された電子内視鏡があり、ファイバースコープは、細くて柔らかいグラスファイバーを、3万本ほど束にし、医師が内部を直接のぞき込んで使用します。一方、電子内視鏡は、先端に超小型テレビカメラがついていて、テレビモニターに映し出された画面を見ながら診断、治療を行います。この場合、複数の医師が同時に病変を確認して、治療を行うことができるというメリットがあり、現在はこちらが主流となっています。

検査の受け方は、通常検査日の予約をし、担当医と相談して検査日を決めます。検査当日は、胃腸の動きを止める薬や麻酔薬などいろいろな薬を使用します。



食道、胃、十二指腸の上部消化管を検査する場合には、内視鏡を口や鼻から挿入し、検査で観察していきます。

上部消化管の検査では、内部に疑わしい影が見つかった際、その部分の粘膜を直接観察できるので、病変の大きさや出血の有無まではっきりとわかり、確定診断に役立ちます。また疑わしい部分は、先端の装置を使って組織を採取し、組織細胞診を行えば、確実に診断する事ができ、早期のがんもこの検査で発見することが可能です。



大腸検査は、大腸の粘膜をカメラで直接見る検査です。

大腸の中の色や状態を見て診断し、気になる箇所があった場合には、同時に組織を採取して分析に回し、ポリープが見つかった場合には、そのまま切除して取り除きます。

上部消化管の検査以上に大腸検査は敬遠されがちですが、最近大腸ガンで亡くなる方が増えていることから、検査を受ける意味はとても大きいものといえます。

大腸ガンは、近年全国的に急増が目立ち仙台も例外ではありません。特に女性の死亡原因の第一位となっています。

大腸ガンはできてから症状が出るまでに時間がかかり、症状が出てから見つかった場合には、すでに進行していることが多く、ガンの転移が進んでいる場合もあります。

そのため早期に発見されれば、大腸ガンは開腹手術をしなくても内視鏡検査の時点で切り取ることも可能な病気です。

大腸ガンにならないポイントは、毎年一回の便潜血検査を受け、野菜中心の食事を摂り、高脂肪食やアルコールの摂りすぎには注意することです。

仙台でも多くの病院で検査を受けることができるので、気になる方は受診してみてはいかがでしょうか。

▼よく見られている記事


>> 甲状腺が肥大した時の治療法とは
>> 乳がんの発見 あざから見つかることも
>> 甲状腺とめまいについて
>> 乳がんは完治するのか?
>> 仙台で甲状腺治療の病院の選び方
>> 甲状腺の異常を調べる検査の費用

次の記事へ

ご予約・お問い合わせはこちら

乳がん検診、抗がん治療のことなら一番町きじまクリニックへ。
お体で気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

  • 022-222-1071
  • ネット予約はこちらから
※当院は予約制をとらせていただいております。診察順につきましては、予約の方を優先しております。

TOP