よくある質問

仙台でもよく行われている内視鏡検査と準備のポイント

乳がん治療の一番町きじまクリニックHOME > コラム > 仙台でもよく行われている内視鏡検査と準備のポイント

仙台でもよく行われている内視鏡検査と準備のポイント

内視鏡検査と異なる胃カメラ



内視鏡検査は、何か特殊な検査というわけではなく、かなり一般化してきた検査方法です。病気の早期発見に役立つことから、内視鏡検査をおこなったことで事なきを得た人も多いでしょう。

内視鏡検査とは、グラスファイバーでできたチューブの先端に小型カメラであるCCDを埋め込んであります。これを口から体内に直接入れていくことで、胃の中に病巣があるのか、ピロリ菌が存在しているのかなどをモニターに映し出すことで判断することができる方法です。触診やレントゲンのように間接的な方法とは違い、直接患部を見たり探し出したりすることができるのが大きなポイントといえます。口や鼻から内視鏡を差し入れ、食道や胃、十二指腸が主な対象となっていますが、大腸を検査する方法も広まってきているといえるでしょう。

胃カメラもありますが、確かに同じような仕組みです。しかし、こちらは医療機器としてフィルムカメラで撮影する方法であり、厳密には現在の内視鏡検査とは別のものになります。テレビモニターを使い観察するということでも違いがあり、現在胃カメラと呼ばれているものの大半は内視鏡です。

こうしたことからも、特殊で珍しい検査方法ではありません。仙台をはじめ、日本全国の医療機関で受けることができるようになった一般的な検査方法になります。仙台でもそうですが、予約制になっている医療機関が多いので、検査を希望する場合は予約しておくと良いでしょう。施設ごとに定められた事前準備も必要であることは理解しておく必要があるでしょう。



病気の早期発見に大きな意味がある内視鏡検査



内視鏡検査というと、やはりがんや腫瘍との関連性が重要なポイントになるでしょう。早期に発見することができれば、それだけ早期に回復をさせることができるようになります。胃がんに関しても、症状が出はじめる前に発見することができれば、早期治療をして完治する可能性をかなり上げることが可能です。

実際に、国立がんセンターでは、有効性評価に基づくがん検診ガイドラインの中で、バリウム検査のほかに、内視鏡検査を行うことを推奨しています。それだけ効果を期待することができる検査方法であり、仙台などでも盛んにおこなわれている理由です。

ただ、どうしても受けたくないという人もいるでしょう。その大半は、検査の経験がありつらかったので二度とやりたくないという人と、未経験で検査への恐怖心のある方です。異物が入るのは間違いなく、それが不安感や恐怖心に通じることもあるでしょう。さらに、のどに触れることによって、反射的に嘔吐したくなるのは、人間の自然な反応です。その為に、のど麻酔を行うのが一般化してきています。さらに、不安を鎮め苦痛を少なくするために、鎮静剤も用いられるようになりました。こうした薬を使うのは、それだけ検査の必要性があり、不安に思っている人が少しでも楽に受けられるようにでしょう。

問題としては、鎮静剤を使うことによって、ぽーっとしてしまうように、意識レベルが下がることが挙げられます。一定頻度で偶発症も報告されており、1時間程度は安静にしなければいけません。もちろん、車の運転もできません。鎮静剤を実施していない医療機関もあるということも覚えておかなければいけないでしょう。



内視鏡検査を受けるための準備は



内視鏡検査を受ける場合には、夕食は指定された時間までに摂取することが重要です。胃の中に残留物が残っていると、精密に検査することができなくなります。もちろん、朝食に関しても摂取することはできません。水分も制限することになりますので、事前に担当医とよく話し合う必要があるでしょう。

大腸内検査の場合、便秘症の方は下剤を飲まなければいけないこともあります。予約をする時にある程度の質問はされますので、きちんと伝えておかなければいけません。後から分かった場合、検査ができないこともありますので注意して下さい。大腸や胃の中を空にすることが重要で、何か残留物があると正確に発見できない可能性が高まってしまうからです。できれば、2日前あたりから検査を受けるということを意識し、食事を制限しておくとスムーズに進めることができるようになります。前日からいきなり始めると、空腹感に悩まされることになりますので、うまくコントロールしていくことがポイントです。特に、普段から食事量の多い人は、食事制限がつらいものとなってしまうでしょう。そうならないように、少しずつ減らしておくということも方法の一つです。こうした準備をしておくと、検査はつらいものではなくなります。特に当日スムーズに検査するためにも、予定から逆算して行動することがポイントといえるでしょう。

血圧を下げるための薬などを服用している人は、できるだけ少ない水で薬を飲むようにしましょう。事前に、どんな病気で、どの薬を服用しているのかを医師に伝え、処置の方法を決めておくといいでしょう。

検査時には鎮静剤だけではなく、胃や腸の動きを抑える薬を飲む場合もあります。車の運転はすることができなくなる可能性がありますので、検査の日は来院する為の交通手段を考えなければいけないでしょう。

▼よく見られている記事


>> 甲状腺が肥大した時の治療法とは
>> 乳がんの発見 あざから見つかることも
>> 甲状腺とめまいについて
>> 乳がんは完治するのか?
>> 仙台で甲状腺治療の病院の選び方
>> 甲状腺の異常を調べる検査の費用

次の記事へ

ご予約・お問い合わせはこちら

乳がん検診、抗がん治療のことなら一番町きじまクリニックへ。
お体で気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

  • 022-222-1071
  • ネット予約はこちらから
※当院は予約制をとらせていただいております。診察順につきましては、予約の方を優先しております。

TOP