点滴療法

グルタチオン点滴療法(自由診療)

グルタチンとは?

グルタチオンは体内で合成されるトリペプチドの一種で、あらゆる臓器の細胞の中に存在し細胞を活性化させる働きがあります。
一般診療においても薬物中毒やアレルギー疾患の治療、白内障の進行防止、抗がん剤投与時の副作用軽減を目的に使用されています。
グルタチオンは脳にとって最も重要な抗酸化物質のひとつです。
一部では美白効果も期待されています。

グルタチオンの働きについて

  • 体内の活性酸素・過酸化脂質などの消去
  • 解毒作用、薬物の解毒
  • 強肝作用
  • 発がん抑制作用
  • 美容作用
  • 抗酸化作用

※留意事項
脱水のある方は医師との相談が必要です。

グルタチオン点滴療法で効果の期待出来る方

  • パーキンソン病
  • 抗がん剤(シスプラチン等)による末梢神経障害
  • 化学物質過敏症
  • 多発姓硬化症などの神経難病
  • 原因不明の全身倦怠感
  • 風邪の初期症状
  • 急性及び慢性湿疹
  • 慢性肝疾患における肝機能の改善

治療の流れ

投与期間:1クール(3ヶ月)
点滴間隔:週1~2回
治療時間:1回の点滴時間は30分程度(頻度おは個人の症状を見ながらご相談していき決めていきます)
所用時間:20分から

料金表

点滴内容 金額
グルタチオン点滴 ¥14,700
※その他別途、検査料金・カウンセリング料等がかかる場合がございます。

副作用

感染症

注射部位での感染のリスクもまれですが、可能性があります。

その他

0.1%未満ですが、発疹、食欲不振、悪心、嘔吐といった症状が見られることがあります。またアナフィラキシーショックを起こす場合もありますが、非常にまれです。

出典:「グルタチオン点滴でパーキンソン病を治す」柳澤厚生(著)

※グルタチオン点滴療法は健康保険の利かない自由診療です

ご予約・お問い合わせはこちら

乳がん検診、抗がん治療のことなら一番町きじまクリニックへ。
お体で気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

  • 022-222-1071
  • ネット予約はこちらから
※当院は予約制をとらせていただいております。診察順につきましては、予約の方を優先しております。

TOP