点滴療法

点滴療法について

超高濃度ビタミンC点滴療法(IVC)

超高濃度ビタミンC点滴療法(IVC)イメージ
超高濃度ビタミンC点滴療法(IVC)は、ビタミンCを50~75gの高濃度で点滴することによってその薬理学的効果を期待する治療法です。
抗がん効果はもちろん健康維持や美容にも効果が高いと言われています。
欧米では数多くの臨床試験が始まっている最先端医療です。アメリカ国立衛生研究所(NIH)、アメリカ国立がん研究所(NCI)、アメリカ食品医薬品局(FDA)によりその抗がん効果が証明されています。
当院では日本におけるIVCの第一人者である柳澤厚生先生のご指導のもと、より安心・安全なIVCを行っております。
なおIVCでは、点滴のない日にビタミンCの効果を持続させる目的でビタミンCサプリメント:リポスフェリックビタミンCの併用をお願いしております。リポスフェリックビタミンCは、ビタミンCの吸収を高めたこれまでにない製品でアンチエイジングや放射線被曝対策にもご活用いただけます。

IVCのメリットと注意点

IVCのメリットと注意点イメージ
IVCは生命予後の延長やQOLの改善、化学療法の副作用の軽減などに効果があると言われています。
IVCを安全に行うために、IVC施行前にG6PD酵素の活性を調べる採血検査をお願いしています。G6PD酵素が遺伝的に欠損あるいは活性が低い場合IVCによって溶血を起こす危険性があります。
IVC25gでがん予防や放射線被曝対策、美肌などアンチエイジング目的の点滴療法も可能です。

その他取扱療法

当院では、他にも様々な慢性疾患(気管支喘息、偏頭痛、慢性疲労症候群、うつ、自律神経障害、インフルエンザなど)に有効と言われているマイヤーズカクテル、パーキンソン病の震え症状に効果があると言われているグルタチン療法、美肌効果や更年期症状改善などに効果があると言われているプラセンタ療法、抗がん効果が期待されている低用量ナルトレキソン療法などを行っております。

サプリメント外来について

超高濃度ビタミンC点滴療法(IVC)イメージ
サプリメント外来では、抗がん対策、アンチエイジング対策、被曝対策としてのビタミンCサプリメントやマルチビタミンをご紹介しています。健康維持に大切な腸内環境を改善するサプリメントもご用意、肌荒れ、アレルギー、体臭、便秘などにご活用ください。女性の更年期症状に内服のプラセンタをお試し下さい。
造血幹細胞を誘導するサプリメント:ステムシーニュートリションが加齢に伴う種々の痛みを和らげ、傷の治りを促進します。アスリートの機能回復、EDにもお役立ていただけます。ご要望に合わせて最適のサプリメントをご提案いたします。

ANK免疫細胞療法の流れ

Flow1初診面談

カウンセリングルームで初診面談を行い、症状やお悩みを検討して治療法につき相談をいたします。

問診イメージ

Flow2治療開始

治療法が決定しましたら、特別室にて治療を開始いたします。抗がん効果を期待する超高濃度ビタミンC点滴療法、パーキンソン病に対するグルタチオン療法など用量を漸増していく点滴療法の場合、治療濃度が安定するまでは週2回の点滴をお勧めしています。
点滴時間は、点滴内容で異なりますが1時間から2時間程度です。

直腸診と肛門鏡での診察イメージ

Flow3通院(メディカルディレクターのサポートあり)

来院から治療、そしてお帰りになるまでを専門教育を受けたメディカルディレクターがサポートいたします。
ご予約いただいた点滴療法の方は基本的には待合室にてお待ち頂く事はありません。(ただし、カウンセリングルームや特別室の使用状況によっては待合室でお待ちいただく場合もあります。予めご了承下さい。)

治療についての説明イメージ

料金表

項目 費用 項目 費用
カウンセリング料(注) ¥4,000 IVC50g ¥21,350
G6PD検査料 ¥10,800 IVC62.5g ¥24,400
ビタミンC血中濃度測定 ¥5,616 IVC75g ¥27,240
IVC12.5g ¥11,570 IVC100g ¥32,600
IVC25g ¥17,250 マイヤーズカクテル ¥14,700

注)カウンセリング料は医師との面談を行ったときにのみご負担いただきます。
表は全て税込み料金です。

ご予約・お問い合わせはこちら

乳がん検診、抗がん治療のことなら一番町きじまクリニックへ。
お体で気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

  • 022-222-1071
  • ネット予約はこちらから
※当院は予約制をとらせていただいております。診察順につきましては、予約の方を優先しております。

TOP